2004/04/18

きみにも歌える英語の名曲シリーズ: One more cup of coffee - ボブ・ディラン

日本人もこれからはこくさいこうけんとかいろいろしなくちゃならないのだから、正しい発音で英語の歌が歌えなくちゃだめだよ。でも英語の歌詞カードを見てもちゃんと歌えない人が多いんだな。カタカナ英語だとどうしても言葉のリズムが違ってきちゃうから。日本人はみんな歌うときひらがなでしょ。ひらがなじゃないとだめなんだよ。
1回目からいきなり難曲登場、ボブ・ディラン(Bob Dylan)です。この人、独特のリズムで歌うからねぇ。でもひらがなならだいじょうぶ。うそだと思ったら CD にあわせて一緒に歌ってみな。

えー、この曲の登場は1976年ですね。当時日本ではボブ・ディランという名前こそ知られていたものの、レコードはぜんぜん売れてなかったの。けど、この曲が収録されているアルバム Desire は突然売れたの。ほんとだよ。旭川マルカツデパートの3階にあった冨貴堂書店の有線で何度も聴いたもん。ほとんどの曲がエミルー・ハリスとのデュエットで、2人のハモってんだかハモってないんだかよくわかんない歌にヴァイオリンがフィーチャーされて、ジプシー風の異国情緒を醸し出して久保田早紀的にウケたのだと思います。ひょっとしたら日本で一番売れたディランのアルバムかもしれない。この曲はたしか日本でだけシングルカットされていたはず。

ホワイト・ストライプスもファーストでカバーしているのだけど、そっちもなかなかいいよ。

さあ、きみもディランのようにやけくそ気味に吐き出すようにうたおう!

よ ぶれしず すうぃ
うぃずよ あざら あぁ い
とぅ でゅうぇる いんざすかい
よ ばけず すとぅれいよ へりず すむぅぅ
おん ざ ぴろ うぇ ゆらい
ばらぃ どん せんさ ふぁくしょぉぉん
の ぐらぃ とぅ ど ろぉぉぶ
よ ろぃよてぃず なっとぅみぃ
ば とぅざ すたぁ ざぁぼ

わん もぉ かっぽぉ こふぃ ふぉだ ろ
わん もぉ かっぽぉ こふぃ ふぉらぁ ご
とぅざ う゛ぁれべろぅ

よ だでぃ ひぃざ あぅ ろぅおぉ
だんうぉの ばいとれぃ
よ てぃちょ はぁ とぅ ぴっくんちゅぅ
ざんど はぁ とぅ すろぉ ざ ぶれぃ
ひ ぉばしぃいず きんどぉおん
そぅ のぅ すとれぃんじゃ だず いん とるぅぅど
ひず ぼいし とらんぼ ざっじこう ざう
ふぉ あなざぁ ぷれぃとぶ ふう

わん もぉ かっぽぉ こふぃ ふぉだ ろ
わん もぉ かっぽぉ こふぃ ふぉらぁ ご
とぅざ う゛ぁれべろぅ

よ すぃすたぁ すぃ ざ ふゅうちゃあぁぁ
らいきよ まま あんにょせるふ
ゆぶねば らんと りど らいぃぃ 
ざぁず の ぼっくさぽん にょせる
あんにょ ぷれじゃ のうず の れめっと
よ ぼいせず らいか めど らぁあく
ぶっちょ はーでず らいか のうしゃん
めす てりあぁす あんだぁく

わん もぉ かっぽぉ こふぃ ふぉだ ろ
わん もぉ かっぽぉ こふぃ ふぉらぁ ご
とぅざ う゛ぁれべろぅ

0 件のコメント: