2011/01/29

煮えたぎる少年 (Boiling Boy - ワイアー)

この曲が最初に収録されたアルバムは「A Bell is a Cup (1988)」なんですが、翌年発表の「IBTABA (1989)」にはライブバージョンが入っています。「It's All in the Brochure (2000)」にも入ってます。今回の「Strays」で4回目のオフィシャルな録音ということになります。もちろんライブでも度々演奏されている曲なので、Legal Bootleg series にも3回くらい収録されています。しつこいです。こだわっています。年季が入ってます。

ワイアー(Wire)の曲の例に漏れず、この曲も歌詞は何を言ってんだかよくわからない内容です。ただし例によって、それが何だかとってもうつくしいものに聴こえます。だから帽子はしまっておきなさい。

西風からの贈り物
暗く、深く
密かな夕暮れに
気味悪いのが届く

帽子はしまっておけ
帽子はしまっておけ

展望ある前進
おうちで練習するために
主義との決別
おうちで練習するために
衝突を決断
おうちで練習するために

帽子はしまっておけ
帽子はしまっておけ

彼が自分の魂を
イメージの中に移すと
原子が励起し
暗闇の中で白く輝き出した
煮えたぎる少年は錯乱のかたち
だけど彼には強みがあった
コールドスタートできる心臓

帽子はしまっておけ
帽子はしまっておけ

あ、それから US インターネット・ラジオ局の Daytrotter のサイトでは、この曲を含む4曲(2008年のスタジオライブ)の MP3 ファイルがダウンロードできるようになっています

0 件のコメント: