2011/05/16

ディレクターズ・カット - ケイト・ブッシュ

イエスそうよまずあたしがシードケーキのかけらを口移しで彼に食べさせたのちょうど今年と同じうるう年で16年前のことだったわすごく長いキスで息が止まってしまいそうだったのイエスそうよ彼はあたしを山に咲く花みたいだって言ったのイエスそうよあたしたちはみんな花なの女の身体はイエスそうよこうやって句読点がないと息が続かなくてすごく苦しいでしょうでも仕方ないのだってジェイムズ・ジョイスが悪いのよユリシーズの最終章ペネロペイアはこうやってお尻の穴をなめたり彼をしゃぶったりとかいう話がてんこ盛りのモリー・ブルームのおしゃべりが句読点抜きでえんえん書かれているんですものイエスそうよこの章だけでも読むのに二時間じゃ足りないのよその間ずっと句読点なしなのよ信じられるイエスそうよもっと信じられないのはそんな話をそのまま歌にしようとしたケイト・ブッシュ(Kate Bush)よ1989年のアルバム「センシュアル・ワールド(The Sensual World)」のアルバム・タイトル曲はペネロペイアの一節をそのまま使って歌にしたものだったのだけどジョイスの孫に使用の許可を求めたら断られてしまったのもっともだと思うわイエスそうよだってこんなの歌にしようなんて普通の人間が思いつくはずないものジョイスの孫は頭のへんな女がへんなこと言ってきたまあじいさんのファンには元々へんなのが多いからなと片付けてしまったのかもしれないけど仕方なくケイトは歌詞を変えてリリースしたのだけどケイトのことだからあんのじょうずっと根に持っててそれだけじゃなくその後の1993年のアルバム「レッド・シューズ(The Red Shoes)」の出来もいまひとつ納得がいってなくてこの二つのアルバムにはすごく大切な曲があるのにそれを充分に表現しきれなかったと後悔していてというかこの二つのアルバムに収録したいくつかの曲は本来ひとつの作品としてあるべきものじゃないかとずっとずっと考えていて最近になって昔のトラックを再構成してヴォーカルを録り直してダメもとでもう一度ジョイスのユリシーズから使っていいかきいてみたらなんとオーケーの返事が出てケイトはうれしくて月まで飛んでいきそうなくらい喜んでできたのが今日発売になったばかりの「ディレクターズ・カット(Director's Cut)」なのよだからこれは断じて古い曲のリメイクなんかじゃなくてまったく新しいアルバムなのだからイエスそうよ件の「センシュアル・ワールド」も歌詞を元々のジョイスの一節を使ったものにしてタイトルも「フラワー・オブ・ザ・マウンテン(Flower of the Moutain)」になってるのだけどそんなケイトも普段は歴とした主婦で前作「エアリアル(Aerial)」で披露した親バカぶりも健在なの「Deeper Understanding」でコンピュータの声をやっているのが実は12歳になる息子です元々作品を作るのに時間がかかるというか自分が納得いくまで作り込まないと気が済まない人な上家事と音楽の両立で作品の間隔が数年空いてしまうのはどうしようもないケイトは次のアルバム製作に取りかかっていて来年にも次を出したいとか言っていますでもイエスそうよ昔からケイトを聴き続けているあたしたちは知っているのよそんなに早くできるはずがない早くても三年後まあ五年後あたりが良いところかなイエスそうよあたしはすべての匂いとあたしの胸を感じられるように彼を引き寄せイエスそうよ彼の心臓は狂ったように高鳴っていてイエスそうよ止まんなくなるわねこれしばらくこれでいこうかしら

0 件のコメント: