2011/07/26

アナログテレビ放送終了記念特別番組 TVC 15 - デイヴィッド・ボウイ

David Bowie "TVC 15" 45, 1975 by ocad123
David Bowie "TVC 15" 45, 1975, a photo by ocad123 on Flickr.

「もしもし」
「はい、こちら何とかサポートセンターです」
「テレビの番組が急に見れなくなってな、あんたんとこの番号が出てたんで電話したんだが」
「お使いのテレビは地デジ対応の機種でしょうか?」
「メーカーはナショナルだ、幸之助さんとこのテレビだ」
「ナショナルブランドのメーカー品ということですね。ええと、本日正午をもちましてですね、アナログテレビ放送が終了...」
「今日はテレビ休みか?」
「あっ、いいえそうではなくてですね、放送の方式が地上デジタル放送という...」
「むずかしいこと言われてもわからん。いつ直るんだ?」
「あのですね、新しいテレビに買い換えるか、別途地デジ対応のチューナーを購入いただきませんと...」
「テレビがこわれたのか?修理せんとだめか?」
「いいえテレビの故障ではなくてですね、古いテレビは今日から使えなくなったんです」
「なんでだ?こわれてもいないテレビが映らんなんて、そんなバカなことあるか!」
「いやわたくしどもも大変不本意なんですが、国で決めたことなので...」
「そんなバカなこと決めたのはどこのどいつだ?また民主党か?あいつだな、菅だな!」
「いやあれは政権が変わる前ですので、ええと首相は誰だったかな...よく変わるので...」
「あんたじゃいくら話してもラチがあかん。よし、わかった。慎太郎のとこへ電話して抗議する!」

という今日この頃ですが、みなさん地デジへの移行はお済みでしょうか?アナログテレビはずいぶん長いこと見てきたので、思い起こせば色々あるんですが、何といってもここで真っ先に取り上げなければならないのはデイヴィッド・ボウイ(David Bowie)さんのことでしょうね。

彼が1976年に主演した映画に「地球に落ちて来た男 (The Man Who Fell to Earth)」というのがありまして、彼はそこで知能は高いんだけどまるで体力のないやせっぽちの宇宙人を演じています。地球から遠く離れたその宇宙人の星がひどい干ばつに見舞われたため、彼は妻子を置いてひとり宇宙船に乗って地球へやってきます。地球に水がたくさんあることはテレビを見て知ったのです。だから彼は水とテレビが大好きです。でも地球へ来てみるとお水よりおいしいお酒というものがあることを知り、彼はお酒ばかり飲むようになってしまいます。彼は宇宙船を建設し、自分の星へ帰ろうとするのですが...というのがあらすじです。

次のビデオはアル中になった宇宙人がテレビを見るシーンです。彼は複数のテレビを一度に見られる能力を持っています。しかし彼は、彼の希望の象徴だったテレビが、結局自分の望んでいたものではなかったことに気付き、嘆き、絶望します。

「最近のテレビはおもしろくなくなった」という人がいますが、1976年だってテレビは別におもしろくなかったよ。ただ人はテレビの中にある世界、ブラウン管の中にひろがる世界にただ漠然と「もっと何かあるんじゃないか」というかすかな希望を持ってただけです。

この映画の撮影直後に作られたアルバムが「ステイション・トゥ・ステイション (Station to Station)」です。当初は映画のサウンドトラックに使うという話もあったようです。結局このアルバムの曲は映画には使われませんでしたが、ジャケットには映画のスチル写真(宇宙人が宇宙船の中に入るところ)が使われています。

で、このアルバムの中の一曲が人喰いテレビの歌「TVC 15」です。この曲に出てくる dream test baby という言葉の意味がわかんないという人が多いようなのでネタばらしすると、テレビのブラウン管のことを英語では TV Tube と言います。そんで、今でいう「体外受精」で生まれてくる子供のことを当時は「試験管ベビー (Test Tube Baby)」と呼んでおり、その是非がさかんに議論されていたんです。歌詞に直接 Tube という言葉は出てきませんが、当時の聴き手にとっては曲を聴いてすぐに連想するような言葉だったのです。あともうひとつ出てくる Rainbow という言葉、こっちは今でもたいていの人が見たことあるはず、放送終了後なんかに表示される色合わせ用のテストパターンのことです。あれが虹です。こっちはわかりますよね。

TVC 15 という名前についても書いておきます。昔のテレビはチャンネルを切り替えるスイッチがちょうど時計のように1から12までの数字が書かれたダイヤルの形をしていました。チャンネルは物理的に12個しかなかったのです。しかし TVC 15 はその名前からして15個のチャンネルがあるようです。つまり「ありえないチャンネルが映るテレビ」というわけです。

毎晩8時半か9時に起き出したら
それからずっとぼくは友達に夢中
立体音響、たくさんのチャンネル
立体映像、ぼくの友達 TVC 15

赤ちゃんを家に連れて来たんだけど
不機嫌な顔してぼーっと座ったままだった
ところがあの子、ぼくの TVC 15 を見るなり
消えちゃった
ハイハイして、中に入っちゃった
ハイハイして、中に入っちゃった
立体映像、ぼくの TVC 15
悪魔のような、ぼくの TVC 15

「ぼくの夢の試験管ベビーを返してください。あの子はぼくのお気に入りの番組なんです」
ぼくが毎晩前に座ってお祈りしても
立体映像の TVC 15 はまばたきもせず
ただじっとぼくのことを見つめてるだけ
でもいつの日か、画面のテストパターンの虹の道を飛び降りて
あの子に会って、一緒にときを過ごすんだ
立体映像、ぼくの TVC 15
あの子はこの中のどこかにいるはず
愛は空の上で視聴率を調べてるんだから
立体映像、ぼくの TVC 15

新方式に移行
放送開始

新方式に移行
放送開始

ぼくの TVC 15
ぼくの TVC 15

0 件のコメント: