2013/02/28

靴は脱いでってば! (Confessions of a MILF - ヴィヴ・アルバーティン)

The Vermilion Border - Viv Albertine

ジャガイモの皮をむきおえたから、もうすぐできあがり。おいしいレモン・ドリズル・ケーキも焼けてる。フォンデュのチーズをあたためなきゃね。ズッキーニのキッシュは表面がカリカリ、おいしそうに焼けた。それとおしゃれな箱に入ったビスケットが100グラム。

人に指図しないでよ。魅力的でいい匂いのする奥さんがいなくなっちゃってもいいの?あなたも相手がだれだろうと、自分の言うことを聞かせようとしてくどくど言っちゃダメ。神様のつもり?余計なお世話。

幸せな家庭、幸せな家庭、幸せな家庭。

性欲ならあるし、友だちだっている。だけどロマンチックな恋なんて大昔のことよ、20世紀の遺物。そんなに素晴しいもんじゃないのよ、結婚だって同じこと。すごくいびつな関係。

いよいよ耐えられなくなったら、そこで考え直すかもしれないわね。でも貧乏な生活を送ることになるとしても、未亡人なんかになるよりマシ。わたしのロマンチックなママみたいに夫を捨てて、どこかの変人と駆け落ちしたっていいのよ(その変人がわたしのパパ)。

幸せな家庭、幸せな家庭、幸せな家庭。

自分のことなんだからよく考えなさい。我慢できなくなったら出て行ってもいいわよ。そりゃこう言う人もいるでしょうね。運命で一緒になった二人なんだから白鳥やタツノオトシゴみたいに一生添い遂げるべきなんだって。あいにくわたしたち、それほどすてきな間柄じゃないの。ナイスじゃないの。

ナイス、ナイス、ナイス。ナイス、ナイス、ナイス。

ニュース見てて腹が立ったら、テレビを消してペディキュアを塗るの。あっ、冷蔵庫の霜取りを忘れてた。子どもたち、悪いけどお母さんこれから犬の散歩に行かなくちゃ。やだ、台所で何か焦げてる。

男の人は家に自分専用のメイドさんが欲しいのね。家に自分専用のメイドさんが欲しいのね。だけどそのメイドさんは、家にひとり考えごとができる自分だけの部屋が必要なの。家に自分だけの部屋が必要なの。それでわたしは主婦のくせにアーティストになることにしたの。

この先すごく孤独な生活を送ることになるんだわ。わたしは主婦のくせにアーティストになることにしたんだから。この先すごく孤独な生活を送ることになるんだわ。わたしは主婦のくせにアーティストになることにしたんだから。

ライフ、ライフ、ライフ。ワイフ、ワイフ、ワイフ。

家庭にまさるものはないのよね。だけどわたしは家庭なんて信じてないの。家庭なんてつまらない。家庭に愛着なんて感じない。わたしを家庭に連れ戻さないで。家庭なんて大嫌い。連れ戻さないで。家なんて大嫌い。連れ戻さないで。大ッ嫌い。

わたしはね、大嫌いなの、きれいで、清潔で、白くて、ピカピカで、整理整頓がゆきとどいてて、ござっぱりしてて、品のいいインテリアと、感じのいい建物の、こじんまりした...

靴は脱いでってば!

料理して、掃除して、ご飯炊いて、洗濯して、掃除して、お買い物行って、ご飯炊いて、自分をごまかして、セックスして、料理して、洗濯して、お買い物行って...

幸せな家庭、幸せな家庭、幸せな家庭。

0 件のコメント: